三菱UFJニコスからクレジットカード差し替えのお願いが届いた
スポンサーリンク

思い当たる海外使用は、2016年4月にハワイ旅行へ行った際、飲食店で「このクレジットカードは使えますか?」と尋ねた際に、店員がマネージャーらしき人を呼びに行き、なぜだか彼は私のカードを持って奥へと行きました。
しばらくたって戻り「No」
ネットでも多く取り上げられている飲食店なので、まさかとは思いますが他には思い当たることはありません。
未だにどこでの使用に問題があったのかわかりません。

いずれにせよ、あれから随分経ちますが、なかなか貴重な体験だった為、備忘録として記事に残します。

MileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージ Visaカードが差替えになる

三菱UFJニコス株式会社から、クレジットカード差替えに関するお願いが封書で届いた。

内容を要約すると、私のカードは第三者に不正使用される懸念が高く、安心してカードをご利用いただくことができない状況なのだそうだ。
同封の「カード差替え承諾書」に記入して返送すると、カード番号を変更した新しいカードが届く。

今回差替えるのは私のカードのみで、妻の家族カードは大丈夫とのこと。

思い当たる節は?

この時点でこのカードは、ほとんど使用していませんでした。

リボ払いで請求月にリボ払い手数料の請求があるようにすれば、海外でのショッピングマイルが、100円で3マイル(ユナイテッド航空/マイレージプラス)※当時 なので、海外旅行中はこのカードを使用しています。
この前の海外使用は、2016年4月のハワイでの使用になります。

国内の使用は、特定のサイトでの決済くらいしか使用していません。

改めて思う

永いことクレジットカードを使用してきましたが、こういう事象は初めてです。
幸い実害にあったわけではなく、使用頻度が低いクレジットカードなので、特に問題はありません。
でもこれがメインのクレジットカードだったら、かなり心配ですし、利用先の再登録の手間なども発生します。

今回はクレジットカードの負の部分、怖さを垣間見ました。

 

しかし私は陸マイラー。
こんなことは織り込み済です。不正使用されてもカード会社が補償してくれます。※カードによる
今後もめげずにクレジットカードを使い続けます。

そして新しいカードが届いた

10日ほどして新しいカードが届きました。手続きとしては、カードの更新となんら変わりはありません。とは言え長いクレジットカード利用での印象深い初めての出来事です。

現在は

日本も海外並みにクレジットカードのIC対応が普及しました。

これは改正割賦販売法についてによるところが大きいようです。

すでに気づいておられるでしょうが、今まで支払時にクレジットカードを手渡ししていたのが、自分でリーダーやレジに差し込むスタイルに変わりました。

これによりリスクが軽減されればいいのですが。

 

以上、三菱UFJニコスからクレジットカード差し替えのお願いが届いたでした。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事